FC2ブログ

『話題に事欠かない』

『過去の未来としての現在』と 『未来の過去としての現在』

BC記録 P983まで

本日は、菅井パイセンの一声で八幡山岳会と一緒に
ドロッピン。
ピークは他パーティと合わせて15名と大盛況。
20200119A.jpg

テレマーカーのM浦さんが写真を撮ってくれました。
20200119B.jpg

からの鶴岡チームは、ゆぽかで直会。
3時間飲み放題で充実。
暖冬と言われる今シーズンですが、パウダーとメンツ
に恵まれて良いシーズンです。
20200119C.jpg
スポンサーサイト



  1. 2020/01/19(日) 20:03:51|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 P983まで

本日は菅井パイセン・竹島チャソと。
下界はモナカだが上部はパウダーで登って正解。
用事があって、11時までハイク予定のパイセンは
コンデション良すぎて11時半過ぎまでハイクして
大特急でドロッピン!
20200112A.jpg

ピーク着。
取り付き地点では想像出来ない位雪が軽い。
20200112B.jpg

O田会計士誘って竹島チャソと直会。
20200112C.jpg
  1. 2020/01/12(日) 19:02:02|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 P983まで

本日はMAX先生とツアーの下見でP983まで。
天気が良ければ品倉尾根や弥陀ヶ原方向が
見えるんだけど残念。

2人で動画を撮り合いっこしながらドロッピンして
きました。
後で見返すと、同じ面でのターンの数が違い過ぎ。
本職は大きいターンが巧いです。
平日で貸切りかと思ったらT中さんとK田君とスライド。
  1. 2020/01/06(月) 18:42:35|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 P983直下まで

本日はJ君とお二人様。
膝下パウという好条件で交替でP983直下までハイク。
20200105A.jpg

J君みたいな板達者は丸藤坂が楽し過ぎたようでお代わり。
本日の様な好条件なら、最初からピークを狙わず丸藤坂の
面をずらしてお代わりが最高かも。
20200105B.jpg
  1. 2020/01/05(日) 18:29:02|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 今年初の北月山P983

本日は、最上山岳会と八幡山岳会とゲスト多数で楽しい。
O田会計士・タクヤっち・T中さん・菅井パイセン・K田君。
K田君のバインがカラコルムだったんだけど結合力が
素晴らしかった!

気温が低くて寒かった分、雪が軽くて最高でした。
勿論、丸藤坂の底まで楽しめました。
20200103.jpg
  1. 2020/01/03(金) 18:14:10|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 P983直下まで

本日はまこっさん・よしべぇアニキとP983の
オープンバーンまでハイク。
20200102B.jpg

東屋より上部は雪質最高で申し分無し。
羽黒山スキー場の土が目立って記録的暖冬
だと実感しながらドロッピン。
20200102A.jpg
  1. 2020/01/02(木) 18:00:31|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 元旦初滑り

絶賛降雪中の元旦は単独で滑り初め。
20200101B.jpg

ヤブが目立つけど丸藤坂が最高過ぎて
面をずらしてお代わり。
20200101A.jpg

片側のシールを貼ってる間に積もっていきます。
正月休みは期待出来そうです。
20200101C.jpg
  1. 2020/01/01(水) 17:34:01|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録

本日もいつもの場所に向かうと、最上山岳会の
T中とバッタリ。
一緒に750㍍までハイクしてドロッピン。
20191228B.jpg

重いけどパウダー。でもヤブが沈んでおりません。
20191228A.jpg
  1. 2019/12/28(土) 19:55:26|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 今季初のP983

今日も北月山へ偵察。
下界はモナカでしたが800㍍より上部が膝パウ。
20191222A.jpg

と言う事で、ハイクを止める事が出来ずに983
ピーク到着。
まだまだヤブが沈んでおりません。
板の割れ目から鳥海山を望む。
20191222B.jpg

今日のピークを振り返る。
20191222C.jpg
  1. 2019/12/22(日) 17:17:22|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録

本日はMAX先生と北月山。
藪と相談して東屋を経て800㍍までハイクアップして
今季初の丸藤坂をドロッピン。
上部はモナカに薄らパウダーでしたが、東屋付近から
モナカで苦戦。
先生の本職の滑りに圧倒されて帰路に着きました。
20191207.jpg
  1. 2019/12/09(月) 15:00:00|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録

北月山荘のFB見てたら1㍍以上の積雪だとの事で
行って来ました。
ロッジ辺りでパウダーが期待出来ます。
20191205B.jpg

北斜面開山式。
今年も御世話になります。
20191205A.jpg

三角峰直下まで登るとヤブが埋まっておらず撤収。
充分パウダーを堪能出来ました。
20191205C.jpg
  1. 2019/12/07(土) 16:38:51|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録(初滑りはチョーコンセン先輩と月山 志津電線コース)

チョーコンセン先輩と志津の除雪最終地点から
月山スキー場で初滑り。

助手席で爆睡したチョーコンセン先輩が、前半ラッセル。
20191121A.jpg

30メートル程で交替。
以後、先頭にならない姿に全米が泣いた。
20191121B.jpg

電線下の積雪はもうちょい欲しい。
カメラを向けるとトレースから外れ、いかにもラッセルを
したフリをする先輩。
20191121C.jpg

駐車場に到着。
20191121D.jpg

リフト下はパウダー。
ここらは、脛パウなんでドロッピンが楽しみ。
20191121E.jpg

シーズン一発目から攻め過ぎのチョーコンセン。
20191121F.jpg
  1. 2019/11/21(木) 19:15:17|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録(鳥海山&月山)

5/3(金)
鳥海山。
笙ヶ岳でビールを飲んでたらO友夫妻&O型さんらとバッタリ。
結局テレマーカーの方達に混ぜて頂いて6人でドロッピン。
O友さんのナビでガンドーイズム満載の面を案内してもらいました。
20190503A.jpg


5/4(土)
湯殿山スキー場ボードスクールのMAX先生のツアー。
月山スキー場➡湯殿山スキー場へ繫げるツアーです。
20190504A.jpg
鳥海山方向を観ると雨告山・いつもいるP983上部が見えて飽きない。
20190504B.jpg
薬師岳・湯殿山・仙人岳。
地元のレジェンドの三郎氏は仙人岳でターンの練習をしたそうだ。
20190504C.jpg
トラバースが長い区間は、スノーボードでの参加者には違うルートを
用意してくれたりMAX先生の気遣いが嬉しい。
それとUMLAUTやソリッドボードのJONES・ゲンテン等の板が見れて
楽しかった。


5/5(日)
再び鳥海山。
大平山荘の玄関で金曜日の面を観察してたらO友夫妻の車を発見。
全員ウロコテレマークスキーの中に混ぜて頂きました。
しかしウロコ板の登坂力が半端無くて驚きました。
お古のスプリットを散策用にウロコ加工しようかなと迷ってます。

で、笙ヶ岳東面と月山。
20190505B.jpg

巨大雪庇からシュート幅1㍍程のドロッピンポイントからスノーボーダー
3人がドロッピン。最初の方のターンがデカくてカッチョ良かった。
20190505A.jpg
さて、海を観ながらドロッピン。
金曜日と違った面を案内してくれたうえに、フラット&トラバースを回避した
コース取りしてくれたO友夫妻に感謝です。
20190505C.jpg

この3連荘で足がガクブルで6日に予定していたS木さんに誘って頂いてた
祓川はDNS。少しでも新山に近付くべく鉾立山荘から登って今シーズンは
終了としました。(この日は足がパンパンですぐやめました)
最後に私からスプリットを借りた6名は来シーズンはデビュー願う。
  1. 2019/05/06(月) 17:34:27|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録(北月山P983)

本日は北月山へ。
月山スキー場がオープンしたんで、向こう側から降りて
来た多数のパーティとスライド。
で、気付いたのが弥陀ヶ原湿原からP1111尾根を経由
しないで車道を来るのがメインルートのようです。
この経路だと登り返しとフラット区間が少なくてスノーボード
にピッタリ。
スプリットボードなら板を割るだけでシールを貼らずに来れるかも。
20190413A.jpg

品倉尾根方向。
20190413B.jpg

P983ボウルも大盛況。40度近い傾斜です。
1月にW鍋君が落としたラインをドロッピンしようとしたが
ビビって20㍍東側をドロッピン。
20190413C.jpg

当然オープンバーンも大盛況。
20190413D.jpg
  1. 2019/04/13(土) 19:28:41|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 (月山7合目まで)

本日はザラメ雪なんでP983の向こうまで行って来ました。
北月山荘から登り詰めてP983経由で車道着。ここで標高1200。
20190303C.jpg

もうちょい登って山頂方向。
20190303D.jpg

品倉尾根方向。ひょっこり見えてるのは湯殿山と仙人岳かも。
20190303B.jpg

帰りにP1111尾根から一本。うっすらパウダー残ってて最高!
20190303A.jpg
  1. 2019/03/03(日) 18:51:13|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録 北月山パウダー合宿

土日は平成最後の北月山パウダー合宿。
初の1月開催だったんだけど心配していた雪の量も
質もOK!
金曜日は、前日に横浜から前乗りしてくれた深海家と
K介誘って1000山閣で天気祭りを開催。
20190125.jpg

今年の参加メンバーは、深海家・森家家・まこっさん・
O田会計士・A野氏・K藤教授・ノブBOX・玉喜び。
さらに今年は休日を合わせてくれた竹島チャソとお友達
のハヤシさん。
20190126C.jpeg

で、P983に到着。
他パーティもいてピークは人口密度が高い。
期待を裏切らない斜面とパウダー。
20190126A.jpg

底までドロッピン後バイン外して、すぐ温泉入って動画観な
がら生ビールで夕飯を流し込む!
20190126B.jpg

翌日の朝食は三杯お代わり。
三杯目は御馳走が無いので山の芋とろろ卸してもらいました。
20190127A.jpg

で、本日もP983まで登り詰めると3パーティもいて大盛況。
アピアより人口密度高いぞ。
オープンバーンは『粉雪や兵どもが夢の跡』
20190127B.jpg
  1. 2019/01/27(日) 17:41:27|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録

滑り初めはO田会計士・smp店長と北月山へ。
ちょい重だけどパウダー。
20190101A.jpg

3人でラッセル地獄だったけど結局はお代わり2杯。
良い滑り初めになりました。
20190101B.jpg
  1. 2019/01/01(火) 18:47:49|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録

12/30
この日は人事君&O田会計士とP983を目指すもホワイト
アウトの為。900㍍で撤退して東屋直下を頂きました。
絶賛降雪中で明日も来なきゃねと誓い合う。
20181231.jpg

12/31
で、昨日のメンツで滑り納め。
東屋付近から極上パウダーだったので、最初から東屋直下
を面をずらしてお代わり二杯。良い滑り納めでした。
  1. 2018/12/31(月) 18:38:27|
  2. BC
  3. | コメント:0

BC記録

本日はsmp店長誘って北月山P983まで。
20年以上前にボードを背負ってスノーシューで、山スキーヤー
の再後続にくっ付いて鳥海山に登ってた犬猿のマブダチです。
当時は、三の俣から登り始めると米沢頭の森林限界でラッセル
がキツくてギブアップしてたのが懐かしい。

取り敢えず東屋にて休憩。
20181223A.jpg

雪質は降雪後に雨が降った様でザラメですが、P983まで登って
みました。まだ藪が沈み切っておらず、もうちょいかな。
20181223B.jpg
  1. 2018/12/23(日) 21:41:55|
  2. BC
  3. | コメント:0

プロフィール

ジャギ様

Author:ジャギ様
俺は知っているぞ!
伝承者争いに敗れた人間が
どういう運命をたどるか!!
拳を封じられ名乗ることも許されん!
そのためある者は拳をつぶされ
ある者は記憶を奪われた!!
それが北斗神拳をめざし、
そして敗れた者の1800年の宿命だ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する