『話題に事欠かない』

『過去の未来としての現在』と 『未来の過去としての現在』

BC記録 北月山P983

本日も、勤務終わってから単独で北月山へ。
雪質は東屋まではチョイ重パウダーでしたが、P983付近は
極上で申し分無し。
P983より庄内平野。
20170225A.jpg

同じく山頂方向。
20170225B.jpg
天気が良いのに気温が低いので、最後まで楽しく滑れたよ~。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/25(土) 19:54:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

BC記録 北月山

今週も夜勤。
と言う事で、よしべぇアニキも休みなので2人で北月山へ。
もはや部活です。
小雨の中、北月山荘をスタートして東屋経由でP983切り開き
の下辺で敗退。
20170220A.jpg

今回は、三角峰経由で降りてきましたが風紋がエキサイトバイク
のジャンプ台のように連続してあって大難儀。
雪も激重で『粉雪の化学』への出家をためらう程。
20170220B.jpg
  1. 2017/02/20(月) 18:04:26|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

BC記録 鳥海山 三の俣

本日は鳥海山へ。久々の三の俣コースです。
メンバーは、まこっさんとよしべぇアニキ。
ハイク途中で、O森親子とバッタリ会いました。
20170219A.jpg

さて、鈴木小屋で早飯食べてから森林限界まで。
雪質は、極上の申し分無しで全員カメラ持参だったので、
良い画像が撮れたはず。
20170219B.jpg
  1. 2017/02/19(日) 17:08:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

BC記録 土湯山

本日は、単独で夜勤明けの老体にムチ打って土湯山へ。
旧最上川スキー場の、ゲレンデトップから見上げると航空
戦艦『伊勢』の艦橋のようなアンテナが御迎え。
20170218A.jpg

ピークに到着。保全用の林道跡が見える位だから、雪が
不足なのが解ります。
さて、ドロッピン開始するも硬いモナカ雪で悪戦苦闘。
帰りのコンビニで、モナ王を食してリベンジを誓う。
20170218B.jpg

さて、疲労困憊状態で帰宅してから娘とナイターへ。
5本滑ったタイミングで夕飯。コンロで玉うどんを煮て、豚の
切り落としとかき揚をトッピング。
それから9時までノンストップで、リフト回し。
えぇ週末や!
20170218C.jpg
  1. 2017/02/18(土) 15:23:25|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

BC記録

12日の日曜日は、単独で北月山P983まで。
単独ラッセルで三時間半かけてドロッピン。
雪質は最高で、申し分無し。
夜は集落の直会で1000山閣。良い週末や。
20170212B.jpg

13日の月曜日は、よしべぇアニキ・W鍋君と再びP983まで。
本日も雪質は最高で、申し分無しで常習犯になるわ。
ヘルメットカメラで、東屋30㍍手前まで録画。
帰りの運転は、よしべぇアニキにお願いして風呂上がりの
瓶ビールの美味い事。
20170212A.jpg
  1. 2017/02/13(月) 16:53:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

BC記録 P983㍍ 

本日は水曜日のコース取りで、まこっさん・K藤教授
のアルペン・テレマーカー両名を『スプリット回廊』で
おもてなしです。
スノーボード泣かせの緩斜面とフラットバーンを回避
して、尚且つおいしい斜面満載のコースです。

さて、東屋経由で登って行くと決して伐採されてる訳で
は無いのに、雰囲気が鳥海山の宮様コースのようです。
20170204A.jpg

で、切り開きバーン経由でP983㍍に到着。
先行者がドロップ準備してました。
すでに東屋上部より徐々に雪質が軽くなって、申し分無し
の雪質でカップラ食べて、すぐにドロッピン。
今回も東屋の手前50㍍まで、板を割らずに到達!
最後に、西屋コースを頂いて終了。
20170204B.jpg
  1. 2017/02/04(土) 18:54:43|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

BC記録 北月山P983㍍

本日より夜勤。で、思う事があって北月山へ。
と言うのは、寝る前に東屋からフラット区間を見極めながら
P983㍍までハイクして、そのトレースを降りれば東屋まで板
を割る事無く来れると思いついたんで実行したのよね。

で、吟味しながらハイクしてP983からドロッピン。
切り開き箇所は、最高のコンデションです。
平日で貸切と思ってたら4人パーティとスライド。
20170201A.jpg

P983からの切り開きを進んで行くと、通行止標識のごとく
2本の杉が出現。周りがブナなので目立ちます。
20170201B.jpg

そこを左に進んで行くと、谷を跨いでるような地形が出現。
それを渡れば東屋上部へ。
20170201D.jpg

残念ながら東屋手前の緩い登り返しで失速停止。
マーキングの切れている箇所で板を割りました。
20170201C.jpg
  1. 2017/02/01(水) 16:42:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

プロフィール

ジャギ様

Author:ジャギ様
俺は知っているぞ!
伝承者争いに敗れた人間が
どういう運命をたどるか!!
拳を封じられ名乗ることも許されん!
そのためある者は拳をつぶされ
ある者は記憶を奪われた!!
それが北斗神拳をめざし、
そして敗れた者の1800年の宿命だ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する