『話題に事欠かない』

『過去の未来としての現在』と 『未来の過去としての現在』

BC記録 北月山 P983

本日も勤務終了後、北月山へ。
夜は、泊りで会社の新年会だし初老の体と相談しながら
P1111まで行けたら良いなぁと思いながらハイク開始。
三角峰の雪庇も巨大に成長。
20170121C.jpg

で、P983に到着。板と板の間がP1111方面。
休憩しながら、P1111まで行くと登り返しがある事だし
眠気と相談してここでドロッピンに決定。
前に登り返しがイヤでチョッカってみたけど無理でした。
鳥海山で例えると、扇子森をチョッカって鍋森に登ろうと
してる感じです。
20170121B.jpg

さて、ドロッピン。
斜度も雪質も極上。
20170121D.jpg

P983直下の切り開きを底まで下りてみました。
で、谷状の箇所が現れますんで山を背にして左側を行くと
東屋上部に到着出来ます。
でもフラットバーンが表れて板を割ることになりました。
20170121A.jpg

で、北月山荘の風呂で温まってから湯野浜の民宿へ直行。
コンパニオンと風呂に入るつもり部屋風呂にお湯をはったが、
21時前に寝落ちというザマ。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/21(土) 23:59:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<BC記録 北月山 P983直下 | ホーム | BC記録 北月山 三角峰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ジャギ様

Author:ジャギ様
俺は知っているぞ!
伝承者争いに敗れた人間が
どういう運命をたどるか!!
拳を封じられ名乗ることも許されん!
そのためある者は拳をつぶされ
ある者は記憶を奪われた!!
それが北斗神拳をめざし、
そして敗れた者の1800年の宿命だ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する