『話題に事欠かない』

『過去の未来としての現在』と 『未来の過去としての現在』

晴耕雨読

土曜のトレイル探索後に、市立図書館に行きまして
イチさんが絶賛してました斎藤清吉さんの『鳥海山登行・
山男のひとりごと  清吉新道の生みの親』を拝読。
ちなみに館内閲覧のみで貸出し不可。
夜勤明けの夕方だったので、何回も寝落ちしながらそれ
でも完読。面白過ぎ!
20170723.jpg
なかでも『元旦登頂二題 鳥海山/月山』は必見。
月山は、清川駅から歩いて大中島小経由の三角峰➡
山頂を2度の敗退の末に登頂した記録は必見。

俺もネタがあるので、いずれ電子書籍で官能小説として
出版したい。
取り敢えず4項目を備忘録として。

①MTBで上大滝山ピークに向かう林道探索で、smp店長に
貸した自分のMTBのシートポストのネジが緩み、シート無し
で下ってきて以来、店長は前立腺マッサージの虜。

②チョーコンセンを連れての北月山バックカントリースノーボード。
レジェンド達の名言をパクった割には、ドロッピン後に雪に埋まって
着いて来れないので抱いて滑ったら、東屋近辺をトラバースしてい
た大学教授にキツネを捕獲したと思われ、分割出来るスノーボード
と合わせて珍しい物を見る日だと言われた。
そこから一緒にドロッピンし、教授と一緒に北月山壮の温泉に入り
3つ目の珍しい物を見せると言って彫物を見せたのは言うまでもない。

③やはり地形の複雑な北月山エリアのフラットバーンを回避した
P983から東屋直近まで、板を割らず降りて来れる『スプリット回廊』
の発掘は書かずには居られない。
そして東屋の西側からドロッピンする丸藤坂は最高!

④さらに、その北月山『スプリット回廊』を通りスプリットボード初心者
の竹嶋嬢をP983まで案内。キツイかなと思い、ペース遅めで登ったら
道中、板のテールを何度か彼女の板のトップで突かれる。
後で、タクヤ君に聞いたらフルマラソン サブ4とロードバイクで100km
というポテンシャルの持ち主だった。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/23(日) 20:35:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<海山川キャンプ | ホーム | 宝谷➡大網間 トレイル散策②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ジャギ様

Author:ジャギ様
俺は知っているぞ!
伝承者争いに敗れた人間が
どういう運命をたどるか!!
拳を封じられ名乗ることも許されん!
そのためある者は拳をつぶされ
ある者は記憶を奪われた!!
それが北斗神拳をめざし、
そして敗れた者の1800年の宿命だ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する